何だかんだ、乗り越えてやっていけるものだ

時間にしてAM6:00。逝って間もない夏の余波と秋の空気の中、アラームが鳴って目覚めた。仕事時間に合わせてセットしたまま、オフにするのを忘れていたそれが今朝も時刻通り鳴った。
オフの今日、一応暦の上では秋になったのかと思うと時の経過スピードに未だ信じられない思いがする。急きょ仕事がなくなった今日。出勤を前提にスタンバイしていた分、思わずすかされたような気分(笑)。基本的に仕事は好きだから仕事があるのは歓迎するし、なくなったらなくなったで不慮休暇も悪くはない。
それにしてももう今年も半年以上経ったのかと、時の早さにしみじみ。
時は金なり。光陰矢のごとし。どちらの表現も、本当に先人たちというものはよく云ったものだ。
これまでの半年間をひとことで云えば、年月が経つごとに充実感が増していたように思う。結果的に思わぬ連休になった今振り返っても、日々の充実感を感じている。何だかんだ仕事は楽ではないけど自分なりに工夫しながら楽しくこなし、この夏も乗り越えてきた。大変な思いをしながらも本当によくやってきたよと、自分に拍手とねぎらいの言葉をこの場をお借りして送りたい。
何だかんだ、ヘトヘトになりながらも乗り越えていけるものだ。