世界最高のサッカープレーヤーが抱く大きな夢

「夢はポルトガル代表でチャンピオントロフィーを手にする事、もう一歩だ。」
ポルトガル代表のキャプテンで今や知る人ぞ知る世界最高のサッカープレーヤーとなったクリスチアーノ・ロナウドがウェールズ戦後に残したコメントの一つです。
優れたテクニックを駆使した攻撃サッカーが魅力で強豪国の一つでもあるポルトガル代表、しかしいままで手にしたタイトルはありません。
最もタイトルに近づいたのが2004年、地元ポルトガルで開催されたEURO2004、この大会でも優勝候補と言われながら、決勝戦で決して前評判は高くなかったものの堅守速攻のスタイルでフランス、チェコと言った強豪を次々と撃破したギリシャ代表に敗れました。
ちなみにこの大会、背番号17を背負いポルトガル代表の一員だった当時19歳のクリスチアーノ・ロナウドはフィーゴ、パウレタ、デコと言ったそうそうたるメンバーと共にレギュラーとしてプレーし決勝進出に大きく貢献しました。
それ以来の決勝進出、夢まであと一歩、頑張ってほしいです。

がんが新たに86万人という特ダネにビックリでした

端末をしながら、横におけるテレビジョンをたまたま見て目に入った知らせなんですが、誠に2012層に新たにがんといった診断された数が86万人ですみたい。
2012層って更に今しがた?と思いつつも、激しい数にとりわけ驚きました。

身近にはいませんが、テレビジョンに出ている達人の方も若くしてがんになるほうが前年今期という大いに安い?って思っていた最中のこういう知らせ、しかも過去最高とのこと。

本音、他人事じゃないだけに、おのずと知らせに見入ってしまいましたが、元来ファクターってよくわからないんですよね。

早寝早起きに充分3食、バランスよく栄養素を混ぜるなど言いますが、現世、輸入種暖簾などでもスペシャル食品を見掛けるようになり、身体によいものが手軽に手に入るのに、何で疾患が鎮まるどころか目立ちてるのか、すごく心配になります。

疾患が少なく現れるアビリティーも発達しているけれど、層1回の検診にあたっていても見つかった時折のろいということもあったり…意外とどうしたら防げるんでしょうね。

手早く探るよりも、疾患自体を控える戦法があればいいのにというこの頃だ。融資 おすすめ